総合選抜とは、総選(そうせん)とも略され、学校間における学力(学業成績が優秀だからといって、仕事ができるとは限りませんが、試験などの際には有利かもしれません)の格差を解消する事を目的として、主に公立学校で用いられる入学試験方式の一つです。総合選抜では、学区内の定員すべてを合格者として、生徒の学力(学業成績が優秀だからといって、仕事ができるとは限りませんが、試験などの際には有利かもしれません)が高校ごとに均等になるよう、居住地や交通の便などを配慮し、合格者を各高校に振り分けます。そのために、基準の成績以上を取っていればほぼ確実に高校に入ることができて、過度な受験競争は起こりません。高校入試の負担が少なくなりますから、ゆとりある中学生(できることならもう一度戻りたいという方と絶対に二度と戻りたくないという方に分かれるようです)活を送ることが出来るでしょう。その反面、志望する高校を自由(アメリカというイメージがありますが、実際のところはそうでもないでしょう)に選ぶことが出来ず、実際に合格発表があるまでは、自分が入学する高校がわからないと言った特徴があるんです。また、一つの学校内における生徒間の学力(何かを学ぶ力ですが、どのくらい勉強ができるかといった狭い意味で使われることも少なくありません)差が大きくなり、落ちこぼれなどといった生徒が単独選抜よりも発生しやすいと言う面や、個々の生徒の学力(学業成績が優秀だからといって、仕事ができるとは限りませんが、試験などの際には有利かもしれません)を充分に伸ばすことができないという面もありますね。一方、単独選抜とは、学校ごとに入学者の選抜を行う選抜方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)で、受験生はご自身の希望した高校を受験します。単独選抜の場合、人気が高い高校の受験希望者が多くなることから、合格難易度はその年の受験者の人気の高い度合いにより変わってくると思います。学校間の格差が生じますが、生徒にとってはあなたの行きたい高校を選ぶことができるため、真剣に勉強するようになり、学校の特色も明確なんですね。また、学校内での生徒の学力差がそれほどなく、学習指導がやりやすいと言った特徴があるんです。一昔前は総合選抜を行っている都道府県が多?ありましたが、現在の社会事情に合わないことなどから、廃止する自治体が増えているのですー